Bermerkids' diary

文筆家気取りで他愛もない事を書くブログです。稚拙な主張ではありますが広い心で読んでいただければ幸いです。

自閉的な人々の欠点、ADHD的な人間の用途

インターネットを見ていると自閉的な人々に出くわすことがかなりある。

とは言っても私が言いたいのは「私は自閉症スペクトラム症候群/アスペルガー症候群です」とホームページのタイトルに書いている人たちではない。

あの種の人達が自閉を僭称しているとはあまり思わないのだが、純粋なアスペルガーではない可能性はある。他動不注意を併せ持っているか、非典型の方ではないのか。

何しろ純血種の自閉的、アスペルガー的な人というのは名乗りだす事はおろか自分がそうである事を周りの人間から指摘されても否認している可能性が高い人達である。

そうではなくインターネット上に純自閉的な人々が居るとしたら私はそうだと名乗りを上げている人々ではなく、他人については遠慮なく否定し、一方で「私は正しい、そして私は世界一可哀相な被害者である」と名乗りを上げている人々のはずである。こう言っている時点で当人の加害性を疑うべきなのだが。

 

今日もそう言う人の記事を見かけた。曰く、ADD/ADHDはどうあがいても天才にはなれないという。

至極尤もだとは思う。何しろ集中力が無いのだから、きちんとした成果を出せない。

他の記事も自閉無罪、自閉天才と言わんばかりのアスペルガー賛美である。

恐らく自らも自閉的だと悟った上での、「生きる元気」を得るための自画自賛だろうと思う。

だが、自閉無罪を叫び、事有る毎に不注意多動の徒を扱き下ろすのは如何なものか。

自閉的な人々はいつもそうである。「俺は悪くない」

閾値には達してないとは思うが)我が父も我が指導教官もその気があった。

このブログ主の日常生活での”俺様”ぶりが目に浮かぶようである。

仕方ないのはその通りだ。特に理系の人間はそうなのだが、自閉・アスペルガー的な人々は”不快”でも役に立つ。

役に立つから絶望的に幼稚でも大人として認められる。羨ましい限りである。

 

恐らく自閉的な人々とADHD的な人々は元よりなさぬ仲なのだろう。

自閉的な人間が親や上司であったりすると、ADHD的な人間は彼らの支配に苛まれる。

子供・子分はアダルトチルドレン的になって唯でさえ短い集中力がゼロになる。

もともとADHDにも短いながらか集中はあってそれを臨機応変に使うことによってADHDの人間は生き延びていたはずである。

それが無くなったのを元々無いといわれるのは心外である。

自閉的な人々はその揺るがぬ姿勢がどれだけ周りの人々を傷つけるか、彼らは想像をしようとすらしない。

天才(「天才」という表現自体自閉的高知能者への賛辞とも言える)には勝てないというのは分かっている。

 

しかしその視点の硬直性が純アスペルガー的な人間の長所であると同時に、瑕疵であるように思われる。自閉的な人達というのは概して視点が固定化し周りが見えてないのである。農耕工業には向いていても狩猟採集には適さない。

近代が終わった現代は”狩猟採集”の世となっていくので、見ようによってはこれはADD/ADHDの人々にとってのチャンスである。

先の大戦の枢軸国、ないし科挙の伝統の厚い東アジアでは特にそうなのだが、集中力のある純アスペルガーの人々は出世し”すぎている”きらいがある。

このような社会では自閉的・アスペルガー的な人々が率先して部長・社長になって興味の有る専門分野以外の、人事・人材育成や会計・経営を任される。

自分の興味の無いことだから偶々最初に出会った思い込みに基づいた、ちょっとの安易な考えで「~しておけばいい」と吐き捨てがちに言う。

もとより現場を離れては力を発揮できない人達ではないのか。

経営が傾く。ルマンで一位を走っていたのに故障でリタイア、結局別の車両で3位止まり、など、在りし日のゼロ戦の片手落ちさを髣髴とさせいかにも日本的ではないか。

更に現場を知らない自閉的な人々だと有事の際すら役に立たない。

鳩山由紀夫さん、菅直人さんなどは当て嵌まるのではないか。

日本が衰退するわけである。

アスペルガー的な人々はポストモダンの世に至って迫害され始めた、という考えは間違ってはいないが不適切である。私の直感だが、近代にとんとん拍子に出世した年配の自閉的な人間が若い自閉者を苦しめている。

自閉的な長老の周りにはその人の言う「ロンブー淳」のようなサイコパス的な人々が水和して高給をもらって性的資源を掻っ攫っていく。

その人々も悪いに違いないが水和物の中心には恐らく自分と同じ種類の人間が「コミュ力」の有る小者達に騙されて居るのである。

それで敗北した純アスペルガー的な人間は知能の至らぬ人々、不注意多動な人々のようなもっと弱い発達障害者を苛めて支配しようとする。何とまあ悪い事態ではないか。

でもここで、もしADD/ADHD的な人間が居れば話が変わってくるかもしれない、という形で不注意多動の人々を弁護したい。

何しろ衝動性があるので正しいことをクチクチ陰で言うのではなく公に言う。

悪が明るみに出る。

注意力散漫なので色々な所に目が行く上に他人の見てないところも見る。

 

アスペルガー的な専門家には限界も有るということを上のブログ主には分ってもらいたい。

あなた方の先人に率いられた社会はガザーリーが科学を衰退させたイスラム世界であり、ナチスによって振るわなくなった戦後ドイツであり、蛸壺化した学問世界であり、役に立たない高性能と品質で市場を失った日本である。

 

役牌ではない么九牌を捨てたくなるのは分かる。しかし一九牌を使う役も有るのである。なので件のブログ主には岩波書店の創設者あたりから可能性を探って欲しいものである。

 

【追記】

この時期で言及しているのは以下の記事です。

http://ukdata.blog38.fc2.com/blog-entry-2933.html