読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bermerkids' diary

文筆家気取りで他愛もない事を書くブログです。稚拙な主張ではありますが広い心で読んでいただければ幸いです。

男女の法の横暴である

時事ドットコム:父子関係、DNAで覆せず=「婚姻中は夫の子」で初判断−血縁なくても認定・最高裁

 

法律で弱い人達を守れ、法律で悪い連中を規制しろ。

希望に目が眩んだ人達は法律で世界を良く出来ると信じている。

悪い事だと思う。家族の崩壊を促すから、ではなく財産の所有権が守られていないのである。

女性が複数の男性との間に子供を設けてはいけない、と法律で設定するのは些かクレイジーである。

男性も女性も複数の異性との間に子を設ける事を禁止される謂れはない。そんな事は根本的な自由(Liberty)の侵害だからである。

どうしても浮気しがちな人間は最初から自分は浮気するのだと世間に通達してから、浮気をすればよい。

もし気が変わって相方に愛想を尽かしてしまったというのなら”結婚”時に取り決めた違約金を払うようにする。

ただここで言う”結婚”とは性交申告以上のものではない。

要するに全ての人間の性行為をば全ての人間が知りうるようにしなければならない。

そして生まれてきた子供の養育義務は、DNA鑑定を始めとするありとあらゆる科学的手段によって父親である蓋然性が最も高いと判明した男性と間違いなく子供を生んだ女性に平等に帰せられなければならない。

専業主婦の仕事は家政婦の仕事として解され、お給料が払われる。

これで全ての男女関係が丸く収まるのではないか。

家族が崩壊するから、と言いつのる人々はでは何故家族が崩壊してはいけないのかを説明しなければならないだろう。

もとより人も物も制度も、諸行は無常である。

 

だがこれもリバタリアンユートピア、脳内郷だ。

今回の件では、夫へのこれから浮気するぞという通知は、なされなかった。

そして夫は自分の遺伝子を受け継がない子供に養育費を払わなければならない。

前者二件では夫は自らそれを望んでいるが、それにしても遺伝上の父親には、養育費を払い、面会を拒絶される義務が発生してしかるべきである。

四国の件はそうですらない。夫は悪い男の子供を無理やり育てさせられる。財産権が侵害されている。

言っておくが人は遺伝子から自由ではない。

それどころか全ての行動は大なり小なり遺伝子の制約を受ける。

こうして悪い間男の遺伝子が殖えてゆくのだろう。

人が取りうる立場は優生学か劣勢学しかないのに、「良識」有る人々は優生学を専ら批判して、悪の遺伝子を殖やす。

法の役目とは信賞必罰を徹底させる事ではないのだろうか。

裁判官達は(国会議員もだが)自分達が出切る事は多いと思いなしているようだ。

そんな訳は無い。人は市場メカニズムが与える以上の幸せは望むべくも無い。自然に逆らえば、即ちより不幸せな生活が待っている。

さあ、次の最高裁判所裁判官国民審査では、桜井龍子ら三人の詭弁家の名前の上に×を付けよう。

 

【追記】

このような判例は結局は女性たちにとっても不利である。

これで保守化が更に進むかもしれない。

女は家にいるべきと、皆が心に思うようになるかもしれない。

日本の将来はもう、誰が誰の子供かわからずどの父親も努力しないディストピアか、

さもなくばホメイニの国のように宗教が性を管理するディストピアしか残されていないのではないか。

広告を非表示にする