Bermerkids' diary

文筆家気取りで他愛もない事を書くブログです。稚拙な主張ではありますが広い心で読んでいただければ幸いです。

男は女に何を求めるか

最近性差をめぐるちょっとした論争がインターネット界隈で盛んに行われているようである。

matome.naver.jp

 

上のリンクは漠然と性差に纏わる議論と言うよりも、ピンポイントで「男は女に究極的には何を求めているのか」という議題に関する議題であるように思える。

偽善者たちは言う

「恋愛は男にとっても充実したものである」

「男も淋しいのだ、人のぬくもりが欲しい」

勿論これらの主張をば女性諸君は鼻で笑ってくれてかまわない。

私も信じようとしたことが有ったが、欺瞞である事を悟るようになっていった。

我々はあなた方よりもずっと嘘吐きで、残虐で、手段を選ばない。

これは欺瞞だろう。テストステロンは分泌量が増える程、孤独を好むようになる。

しかしこの主張は嘘ではまったく無いにしろ些か不正確である。男は当然性行為目的に女を歓待するのであるが、何故性行為するのかが書かれていない。

性行為そのものは欲望を満たす為の謂わば”有効な手段”であって目的では無いのである。

目的を説明するために漫画本のキャラクターの台詞を持ってくるのはふざけているのかと言われそうだけれども、我々男性が女性に求めるものを端的に表している台詞があるので引用しておく。

 

あるのはシンプルな、たった一つの思想だけだ…たった一つ!
「勝利して支配する」!
それだけよ…それだけが満足感よ!
過程や…!方法なぞ…!
どうでもよいのだァーッ!!

 

この台詞がラブコメディのものであったなら「その通り!」と男達は拍手喝采するだろう。

我々が欲しているのは性的競争において『勝利して』女性を『支配する』事だけである。

ただ『それだけが満足感』なのである。

だからこの台詞を言ったキャラクターは性的な意匠に満ち溢れている。

女性は我々の事を全員このキャラクターの劣化版だと考えればいいのである。

またそれ故、男と言うものは「性行為させてあげる」という心理には何ら興奮しない事は覚えておくべきである。

「この人とだけは本能的に性行為したくて我慢できない」「嫌で仕方がないが性行為しないと怖い」ならば男は興奮するだろう。

今の世は怖いと思う。どんな本音でも筒抜けなのだから。

それでも女性にとって、自分の事を”領土”と考えて(暑苦しいが)手放そうとしない人間と、

自分の事を”略奪品”と考えて(後腐れは無いが)直ぐに見捨てる人間は区別する必要があるであろう。

この見極めはどうすれば良いかと言うと多分、イデオロギーに染まらず自分を疑いつつ自分自身の直観で男達を品定め、すれば良いと私は考えている。

勿論”品定め”と言う位女性が男性に求めるものも”自動現金引き出し機”以上のものではないので、お互い様である。

何とまあ男女の間には暗きものしかないことか。