Bermerkids' diary

文筆家気取りで他愛もない事を書くブログです。稚拙な主張ではありますが広い心で読んでいただければ幸いです。

「借金玉」氏の「僕はジョブズではないということを理解するのに30年近くかかった話」及びそのコメント欄を読んで

「借金玉」氏は非常に面白く、ためになる話をする人で、とあるマスキュリストがトゥゲッターでフェミニズムの犠牲者として取り上げていた人のアカウントを伝って知って以来、ずっとファンをしている。

それでこれほど面白い話ならば売り物になるのではないかと思っていたところ、果たしてこの方は書籍化を目指すこととなったようである。無事書籍化されることを願っている。

それでいよいよ彼のブログも序盤の山場に入ったようである。

僕はジョブズではないということを理解するのに30年近くかかった話 - 発達障害就労日誌

至る所共感できる場所に満ちていており、

「しかし、彼らから見れば「人間ではない」のは僕の方だったでしょう。」

の場所など、自分が自ら招いてしまった過去が思い出されて少しうるっと来てしまう。文学部の面目躍如と言うべきか。

とにかく、齢を重ねるごとに原因が自分にあることが解っていってしまうのである。

訳あって若者達と知り合うことになったのだが、言う必要のないことをすぐに口に出す子(既に成人しているが…)が散見され、彼らにこそ何とかして彼のウェブログを読んでほしいものである。

そういう子等は、ルールとは「皆が守るべき」類のものではなく力関係の結果に過ぎない、という事を解っていないのである。”あなたは義に過ぎてはならない”。

それでコメント欄に今一つ心に響かない批判があるだろうと身構えれば、やっぱり「恋人が居る時点でこいつは恵まれている」的なコメントが沢山見受けられる。

馬鹿々々しいな、とは思う。恋人が居たから何になるのだろう。

毎日他人の顔なぞ拝んで楽しいものだろうか。「我々」はアルバイトで人の顔に恐れおののくのに家でも見たいのだろうか。

或いは親の顔など毎日見たいだろうか?

我ながら性欲は強いと思う。が絵画(ピクト)に寄るという面はある。

絵に描いた女を「愛する」事は出来なかった。

そもそも「愛する」という概念、語の用法を私は理解していない可能性がある。

要するに所謂発達障害者とは誰か愛し愛される事はおろか、何かを愛する事も無いのではないかと私は思うのである。

――と、自分の「障害」が何か別の類のものの気がしてくる。

人格障害だろうか。スキゾイドは疑っている。

スキゾイドだとするならば、遺伝及周産期だけでなく、成人期までの家庭環境が運命を決したはずである。

親の言うことを聞きすぎてこうなったものか。

無趣味、無能、無感情、ありとあらゆる穴が瞼の奥に広がっている心地である。

父親の言うことを聞いて三度自分の人生を諦めた。

大学入試に失敗し、「お前は理系には向いていない。憧れだけでは科学者にはなれんぞ」。これで文転した。

大学院は行きたい所があったが、「格上に行かなければお前のしたい研究はできないし、格上に入ってしまえば教授の専門でなかろうと好きな研究ができる。」これで「格上」に変えた。

1年後大学院はもう駄目だと思って就職活動を始めたが、あの人の「途中で方針転換する奴は何もできんぞ」と言われ、また諦めた。

シリアはイスラーム国に渡航を試みた北大生はアスペルガー、博士課程という私と似た立場に居ながら、無事就職し自らの専門性を生かした職に就いているようである。

才能の差、努力の差はあれど親の言う事を聞き続けることはテロ組織の一員になろうとするよりも罪深いことなのである。

もとより「誰のために飯が食えると思っているのか」と事ある毎に怒鳴られ、自分の失敗や癖をあげつらわれ続けていては何も拒否できるはずがなかった、と言いたくなる。

何時かは父の様に現場で技術者として活躍できると信じていた。

ホワイトカラーや旧帝大を扱き下ろし、専門的立場から世を語る父はかっこよかった。

実のところ父その人が現場を侮蔑し、学歴と貴族的なホワイトカラーを崇拝していたのだった。

――その通りである。高3の時点で逆らっておくべきだった。

”親の言う事を聞きすぎてはならない。”

私の心はノルマン・コンクエストに遭った英語の様に、格変化や元々の語彙の殆ど欠落した、殺伐としたものとなってしまったよ。

愛情は脱落し、趣味の8割は失われ、原始的な怒りと憎しみだけのひ弱な人間になってしまった。

けれども待ち遠しいのは氏が親から如何様な責め苦を受けたかのエントリーだ。状況は私が遥にましだったのに現状が明らかに氏より酷いとなれば見方を変える必要がある。

若人よ、請い願わくば30代の人間達の失敗談(と補填の努力)に耳を傾けておくれ。

 

【追記】

何だか氏の今回の残業代のエントリのコメント欄とブックマークを見ても「相手に配慮を求めるか(られるか)」の違いが、親に甘えられたか、甘えられなかったかの違いから来ているように思えてならないのである。

広告を非表示にする